ブログトップ

職人(歯科技工士)のお仕事-東京下町の歯科技工所のBlog-

biotec.exblog.jp

下町の職人オヤジが日々思う事を書いてます。時々毒もはきます。mail : bio-tec-uno@nifty.com

ども。

マスタースペースの真上の蛍光灯の照明器具がつかなくなり

というか、何回かスイッチをカチカチやれば点くんですが、、、

聞くと安定器っていうものが寿命ということなんですが、もう

ウチの照明器具用の安定器は製造中止でしかも在庫がないって事

で、、、、器具ごと交換になりました。

しかし蛍光灯の照明器具ってもうほぼほぼ製造してないってことで、

結局LEDの照明器具に交換することにしました。

しかしデザインが違うしLEDってどうなの???っていう思いが

強いので、まだ健在の一番影響の少ない場所の蛍光灯器具を

マスタースペースの真上に移設してもらい、その部分にLEDの器具

をつけてもらうことにしました。

で、LEDランプ、、、、演色係数99っていうのは一般的には一般的な

価格で手に入らないので95ってやつを買ってみました。

それでも定価ベースで1本19000円!!!

たっかいですよねぇ〜〜〜〜〜〜150.png

実際には約半額で購入できましたが。

でもって実際に点灯してみると、、、、なんかへん。。。。

やっぱり独特の光り方をしますね。。。

ランプの下部、場所によっては暗く感じるところもあります。

全体的な明るさと色調は遜色ない感じではあります。

しかしながら事務用のこういった器具のデザインが悪いのはなんとか

なりませんかねえ、、、、。
b0177128_11204972.jpg
b0177128_11205990.jpg
慣れるのかなぁ?????(笑)




[PR]
# by Bio-Tec | 2018-06-21 11:25 | プロの仕事 | Comments(0)
大阪の地震、大変でしたね。

まだまだ油断できませんのでそのエリアにお住いの方々は

十分ご用心くださいませ。

さて、いれば、いれば、いれば、、、、なわけですが

やっぱり、、、、心配していたことが、、、、なわけです。

シュトラックデンチャーを基本にして弊社は総義歯の製作を

いたしますので、やっぱりドクターもそっち系のお勉強をして

いただき、床の形態を煮詰めて欲しいんですよね。

それとバイト。

先日完成でお持ちしたケースは最終試適で採得したバイトと

ズレが生じていて左右6、7が全く噛んでいなかったんです。

あんなにシビアに調整したのにぃ。。。。。。ってなわけですよ。

仕方ないのでもう一度バイトの採得をして持ち帰り石こうを流して

模型を作ってマウントして咬合調整のやり直しです。

義歯完成時に上顎の位置を決めておくコアをとってあったので

とりあえずマウント位置は同じところにできましたが、今回の

バイトが本当にあっているかどうかわかりません。

仮義歯でバイトを煮詰めておかないばかりにミソがついちゃって

なんだかなぁ、、、、、しっくりきませんねえ。。。

義歯の咬合の考察は非常に重要だと思います。

採得された位置で作ることしかできませんからねぇ・・・・・

咬合がビシ〜〜〜〜っと決まらないと義歯の吸着も発揮されませんし。

なんとか次回決まってくれればいいですが、最悪、作り直しも視野に

入れております。

微妙ですよね〜〜〜、、、、。

[PR]
# by Bio-Tec | 2018-06-19 09:30 | プロの仕事 | Comments(0)
梅雨目前です

どんよりっす。

さて、3年ぐらい前から補綴治療を始めて、去年フルマウスの

補綴が終わってメンテナンス中の患者さんなんですが、

今日久しぶりにお会いできまして「お元気ですか〜??」と

ご挨拶。

補綴終わってしばらくしてから軽い脳梗塞を発症されたとかで

若干以前より元気がない感じではありますが、それでも笑顔で

「おかげさまで元気です」とのお答えが返ってまいりました。

噛むことの調子は良さそうです。

苦労して苦労して顎位を決めて時間をかけて全顎治療を行なった

患者さんにお元気な姿で再会できるのは非常に嬉しいですね。

この先も安定した咬合が保てるといいなぁと思う訳です。

普段大変お忙しい方ですので、無理せず健康にご留意されて

美味しいものを召し上がっていただきたいと思います。

患者さんの笑顔が何よりの励みでございます!!




[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-31 15:12 | プロの仕事 | Comments(0)
眠いっす。

月曜日っすねぇ〜〜〜

さてさて、前回のアップでちょっと書きましたが

テンポラリーデンチャーの重要性について。

もう何年前になるか、以前デンタルレビュー(歯科評論)で義歯の

重合方法の比較のような企画があって、いろいろなメーカーの重合

システムの特徴や使い方、症例写真などを特集したことがありました。

あたしが使っているのはフェニックスデントのPVPMシステムです。

今はもう製造されtませんが、導入価格が安くてコストもかからず

精度のいい重合が行えるので今だに重宝しているわけですが。

5〜6社だったか、いろいろなメーカーのシステムが紹介されて

いたわけですが、当時の編集者が義歯を作る上で失敗しないための

アドバイスとか重要なこととかあればそれも紹介していきたいという

事であたしはシステムの紹介とあわせてテンポラリーデンチャーの

重要性について記事を書いたわけです。

これは勝手な持論ではなく当時お世話になってた某歯科大教授や臨床医

の方々とお仕事をしていた中で当たり前のようにやっていた事で

これをやらないから失敗するんだということを学んだんです。

先日も書いた顎位、ボーダー、床の外形などについて同じようなことを

当時も書いたわけですが、編集に携わってるどこぞの歯医者とかいうのが

「技工士のくせにこんなこと書くな」という訳わからないことを言って

来まして、アドバイスもへったくれもない状態になった訳です。

当時その訳わからんことを言って来た歯医者の所(中目黒だかの田舎)

まで面会にフェニックスデントの先代の社長と行ったけど会ってもらえ

なかったってこともありましてね。。。。

「だったら記事書くのやめるわ!」と一度は断ったのですが編集者の方と

フェニックスデントの先代の社長に頼まれ嫌々使い方の説明記事を書いた

事があったのを思い出したんですが、今の世の中好き勝手に意見が言える

環境ができて当時文章で言えなかったこともこうして文章で言えてるのが

なんだか不思議な感じです。

今で言えばパワハラなんですかね?ああいうのって。

〇〇のくせに、、、、その〇〇がいなきゃ仕事できもしないくせに

偉そうに言う奴いるんですよねぇ〜〜〜どこの世界にも。

そんな事が昔あったのを思い出したもんですから。




[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-28 10:01 | プロの仕事 | Comments(0)
今日から当方のエリアは祭りなんですが、今年は喪中につき不参加。

お仕事してます。

さて、最近デンチャーブームなわけですが、共通して言えることは

テンポラリーデンチャーでの考察がほとんどされていないということ。

今入ってるデンチャーが噛めないから新しくいいのを作りたい

という患者さんが多い中、いきなり本印象とってもうまくいかない

ことが多い。

というのは、まずは顎位。

咬合平面の乱れや顎位の安定がなされないのにどのポジションで製作

すればいいのだろう、、、。

排列試適のたびに顎位のズレによりリマウント、排列し直しでは

らちがあかない。

またボーダーの決定も重要である。

床の長さ、張らせ具合も重要である。

可動粘膜が顎堤ギリギリまで来ているケースは模型では判別できない

印象が大きく採れてしまえばそこまで床縁を作るだろう。

事前にどこまで床縁を設定するのかよく観察しておけば個人トレーの

時点でほぼいい形の形態が作れるはずである。

テンポラリーデンチャーで床縁の形態を煮詰めておけばスムーズにいく

はずなのだが、、、、。

試適の時になって床縁の長さが長いということに気づいて調整したりとか

やらなくていい事をやったりとか、、、

デンチャーはテンポラリーが本当に重要。

まぁこれはデンチャーに限ったことではないがテンポラリーを

甘く見てはいけない。

ドクターがこのステップをしっかり行わないことでゆくゆく自分の

手間を増やすことになるということもご理解いただきたい。

b0177128_09020541.jpg
よ〜〜〜く口腔内の状況を観察し、最終形とほぼ変わらないテンポラリー

デンチャーを作っておくことが成功への近道であると考える。

咬合平面、顎位、ボーダーの決定、とドクターは技工ができないと

ダメですな。

今入ってる保険のデンチャーなり、新しくテンポラリーデンチャーを

作るにしても、しっかり考え、どういう咬合を与えたいのか、誘導の角度

や部位などもしっかり見極めておくべきだと思う。

写真の患者さん、次回3回目の試適。

だいぶいい感じになって来てはいるが、どうかなぁ・・・・・

デンチャーは難しいよね、、、、、。






[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-25 09:09 | プロの仕事 | Comments(0)
b0177128_18173516.jpg
b0177128_18173671.jpg

b0177128_18173752.jpg
こんな顎堤の患者さん。

一緒懸命排列して、試適しましたらね、、、、、

顎位が違っててですね、、、、、、、、

バイト取り直しからのリマウント、再排列なんです。

b0177128_18201271.jpg
b0177128_18201003.jpg
なぜ、こんなにずれちゃってたんだろう????

上顎も口蓋後縁部の印象が悪かったのでウォッシュしてもらって

結局上下リマウントからの再排列になってしまってね。

b0177128_18222563.jpg
なんとか今日やり直しできました。

左上の残存歯の部分がけっこう邪魔で人工歯削りまくりでウスウスなの。

インプラント、フィクチャーが9本ロストでデンチャーになってしまった

患者さん。

うまくいきますように〜








[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-17 18:29 | プロの仕事 | Comments(0)
2009年のゴールデンウイークに

『世間はゴールデンウイークですか』という記事でスタートした

このブログも丸9年たちました

9年の間にいろんな事に文句たれたり、思いついた事を気ままに

書いたりしてきたわけですが、何か変わったのかなぁ・・・?

今だに患者さんは「どういう人が作っているのか分からない」とか

言われてたりね。(笑)

先日「初めて技工士さんとお目にかかります」と言われました。

あたしはこのスタイルでもう20年やってるわけで結構な数の患者さん

にお会いしてるんですけどね、まだまだ技工士と会ったことのない

患者さんが多いわけです。

また実際に自分の口に入る物がどうやって出来てくるのかも全く

知らない方も多く、興味がないんだろうか??と思ってしまいます。

というより歯医者がどうやって出来てくるかわかってない場合が

多いので患者さんのことどうのこうのって言えないか・・・・。

今流行りのジルコニアだって透明度や曲げ強度によってどう

チョイスするかましてやレイヤードなんていうのも出てるから

理解するのも大変だろうけど、CAD/CAMの流れということぐらい

は理解して欲しいですよね。

なかにはシンターリングという工程を知らないドクターもいたり

着色してシンターリングするって言ってもちんぷんかんぷんの

ドクターもいるわけです。

これじゃ患者さんに説明すらできないですわね。

9年の間に技工の様相は様変わりし、技術的にも材料も進歩した

けれどこの進歩について行くのは結構大変だったりしますね。

遅れずについて行きたいところですが、この先どうなることやら。

このブログも続けるか止めるか、、、、思案中。

技術的なことを書いてた時期もありましたが、それに関連する

メーカーだったり、業者から「ブログを見ての問い合わせが

相次いでましてこれはどうやったらよろしいのですか?」

などという安易な質問が結構くるようになってしまったので

面倒くさくて最近はほとんど書いていませんね。

テメーんとこが売ってるくせに人に聞くな!って思って

しまったので。

まぁ、もうしばらくはお読みいただいてる方も結構いらっしゃる

ようなので気ままに書こうかと思っていますが、面倒くさく

なったらキッパリやめちゃうかも。(笑)

というわけで、ゴールデンウイーク、お休みの方はエンジョイして

ください。お仕事の方は電話もかかって来ないで捗るでしょう。

頑張りましょう。

おっとファーネスのプログラムが終了しましたのでこのへんで。



[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-04 10:40 | プロの仕事 | Comments(0)
材料屋さんに注文

B「e.maxセラムのシェードペースト、デンチンの1番お願い」

するとしばらくして材料屋さんからお電話

材「e.maxにデンチンの1番っていうのは無いって言われたんですが。

イボカラーにはシェードデンチンの1番というのがあるそうなのですが

イボカラーじゃなくてe.maxセラムですもんね?」

B「あ〜〜〜〜〜〜〜ん?????それはイボクラに電話して相手が

そう言ってきたの??」

材「そうなんです」

e.maxセラムのカタログ引っ張り出してきて、、、、

B「ああ、e.maxセラム、シェードの1番、2番、、って書いてあるね。

ペーストのデンチンの1番って言ってんだから、これのことだって

わかんねーーもんかね??? その電話受けた奴がバカってことで

いい?? ピピっと来ねーーか????? え???」

このクッソ忙しいのにいちいちよ!

あったま使って仕事しろよ、このボケがっ!!!!


イボクラさんよ、頭の回転のいい気が利く奴を電話に出させなさいよ!!

[PR]
# by Bio-Tec | 2018-05-01 17:32 | プロの仕事 | Comments(0)
みなさん、もっと早くこれを使えばよかった!

とか材料のことで思ったことありませんか?

あたしはまさにそれを本日痛感いたしまして。

今まで自分がやって来たことも決して悪くはなかったとは

思うのですが、材料は日々進歩してますから、より良い材料との

出会いというのもあるわけで。

今日痛感したものが何かっていうのは、、、、、ちょっと秘密

なんですが、材料は自分のラボの評価にダイレクトにつながって来て

しまう場合があるので、チョイスは重要ですね。

しかしながら今回の材料との出会いもそうですが、共有してもらえる

テクニシャンもできましたので明日からのさらなる発展にこれを

活かしていけたらいいなと思います。

まぁ新しい材料なので一から揃えないとダメですし、またテストも

繰り返さないとダメですがそれもまた楽しいと思うところです。



[PR]
# by Bio-Tec | 2018-04-22 17:09 | プロの仕事 | Comments(0)
いい天気です174.png174.png174.png

午後からセミナーなので5時からお仕事してます

またまたこんなのきました

これじゃ噛めままへんでぇ〜〜〜〜

b0177128_11421960.jpg
こういうデンチャー、いくら保険だって言ったってないよね〜〜

でもって新調するにしても咬合、ボーダーをきっちり煮詰めて

もらってからじゃないと、まぁ失敗するわね〜〜

どうしようかな〜〜〜〜〜????

難症例だよな〜〜〜〜〜〜137.png

とりあえずお昼食べて行って来ます。

Have a nice weekend102.png


[PR]
# by Bio-Tec | 2018-04-21 11:47 | プロの仕事 | Comments(0)